Mr.いとうのブログ

052-837-7701

お問い合わせ

ブログ

  • Mr.いとう

    来年度クラスのリザーブ期限まもなく

    2023年です。遅れましたが、あらためて新年あけましておめでとうございます。レスリー先生がアメリカから戻り、すぐに生徒さんの保護者様との2者面談が始まり、毎週日曜日も含め、すでに7回の面談が終了しました。保護者の皆様にはお忙しいところ、お時間をいただきましてありがとうございました。そしてこの一年を振り返ってお子様の英語力を含め成長したところなどをお話させていただくことができて、うれしく思います。ビッグボウではクラスのリザーブ制を設けており、まずは既存生徒さんのクラス移動などはご希望を伺いながら、レベルと人数それぞれのクラスで調整して優先的に決めさせていただいております。すでにクラスでは定員にまもなく達するクラスも出てきておりますので、まだ、リザーブが終わっていない方はお早目にリザーブをしていただくことをお勧めいたします。なお、どのクラスも定員になりしだい、募集受付は終了となります。2月のお休み: 2月はお休みはありません。 2/23(木)は祝日ですが、レッスンは通常通りあります。本日の写真:1/8に名古屋の髙島屋で行われていた美術展「ジミー大西展」に行ってきました。みんなカラフルで細かい作業で楽しい作品が多かったですね。私は個人的には日本で活動していたころとスペインに絵画留学に行っていたころの作品が好きでした。こうしたポップアート的な作品が多いということもあり、それに負けじということで、レスリー先生のファッションも素晴らしかったです。普段のクラスでのレッスン時とはとても違っていますね。  

    続きを読む

  • Mr.いとう

    Merry Christmas and Happy New Year!

    12/22 からビッグボウはお休みです。 来年は1/5(木)から始まります。 今日の写真: 2022年最後の講演は"extensive reading" でした。 「若年層への英語多読」はレスリー先生の専門分野でもありますので、こうした英語教育指導に関する講演依頼ではよくお声をかけていただいています。今回はイギリスの英語教育学会が主催するオンラインでの講演でしたので、日本時間の日曜日の夜9時に始まりました。参加者の方々は世界の各国で英語を教えている先生たちで、やはりこのような国際的なイベントということで17か国から皆さんに参加していただきました。また、今回のレスリー先生の講演への参加者は100名弱とオーガナイザーから伺っております。コロナ禍で各地に出向いての講演はほとんど少なくなりましたが、ZOOM講演は普段なかなか訪れることのできない国やその他の地域にお住まいの英語の先生方にも少しでもお役に立つことができるようになりました。 

    続きを読む

  • Mr.いとう

    冬休みの日程と保護者面談。来年度の新入会受付開始

    あっという間に師走です。海外には行けないまま3年も過ぎてしまいましたが、その分日本のいろいろなところを旅することができた1年でした。 毎年、皆様にお届けしていますクリスマスカードですが、資源保護のために今年より廃止することになりました。冬休み: 12/22(木)~令和5年1月4日(水)12/22と12/23はそれぞれ予備日として1年に1日余分にとってある日ですので、その消化となりお休みです。あとはビッグボウカレンダー通りのお休みとなっております。1月は5日(木)が最初のレッスン日となります。 保護者面談: 1/6(金)より生徒さまの保護者様とレスリー先生との2者面談が始まります。 詳細はコミュニケーションファイルに入っているお知らせをご覧いただき、ご希望の日時でご予約をお願いいたします。新入会受付開始: 今月より来年度2023年4月からご入会を検討されている方を対象にクラスプレゼンテーションまたはレベルチェックを始めています。 来年度は新設クラスの予定はありませんので、既存クラスにご入会いただくことになりますが、その場合のレベルなどを確認させていただき、ご入会に際してのご提案や体験レッスンなども含めてご案内をさせていただきます。新年度クラスの定員は今までの12名定員から8~10名定員でのオペレーションとなります。 今日の写真:11月に富士山麓にあるキャンプ場(ふもとっぱら)に行ってきました。晩秋の寒い時期でしたので、ストーブも持参。当日は富士山もよく見える場所で気持ちよくキャンプをすることができましたが、翌朝はちょうど撤収時に雨。雨で一番辛いのは自宅に帰ってから水を含んだ重いテントを自宅バルコニーに広げて完全に乾かし、それからまたそれぞれを畳んで定位置に戻し、泥だらけの車の中を掃除するなど、天気の良い日のキャンプの2倍後片付けが大変なことです。今回は寒くなってきたこともあり、温まる食事を作ろうと思い、選んだのはハンガリーのビーフシチューのような料理で「グラーシュ」でした。寒い時期はこうした料理を焚火を眺めながらいただくのは最高です。 

    続きを読む

  • Mr.いとう

    11月のお休み。新潟の旅

      11月のお休み11/22(火)は平日ですが、年間スケジュールのスクールカレンダーどおり、お休みとなっております。 今日の写真:新潟県11月の初旬に佐渡島に初めて行ってきました。車を新潟港でカーフェリーに乗せて2時間ちょっとで佐渡島です。結構揺れる時もあると聞いていたので、ドラッグストアで酔い止めを購入、準備万端で船に。行きの席は差額を払いアップグレードしたのですが、船の中をいろいろ歩き回っていたら、結局自分の席にあまり居なかったので、帰りはふつうの席にしました。佐渡には一泊しかしなかったので、もし、また再訪することがあれば、最低でも2泊したいところですね。 思っていた以上に大きな島です。ロバートデニーロもここ佐渡のお酒が好きなようで、ここの島は「サドアイランド」ではなく「酒アイランド」だと言っていたそうです。私も佐渡の一番小さい酒蔵に訪れて、大好きな「至」とその他を購入し、週末はちびちびと楽しんでいます。佐渡で訪れた場所は世界遺産になる可能性の高い佐渡金山関連の遺産群です。廃墟マニアとしては「北沢浮遊選鉱場所跡」の夕方の時間と夜になってからのライトアップされた幻想的な雰囲気は素晴らしかったです。あとは今回トンネル自体をアート作品に変えたことで有名な「清津峡渓谷トンネル」。行くちょっと前までは入館チケットはすぐにその場で買えるものだと思っていたら、なんとウェブ予約で時間も決められているようで、かなり入館人数のコントロールをしているようでした。私の感想はとても素晴らしい芸術と自然の融合でした。ただかなり行くまでの道のりが長かったです。

    続きを読む

  • Mr.いとう

    海外留学生の受け入れホストファミリーを募集しています。

    もう10年近くビッグボウに通ってきている高校生のヒロヤくんが来年、ロータリークラブが主催する青少年交換プログラムで海外に1年間留学することになりました。このプログラムでは海外から日本に来て留学を希望する学生さんも支援する交換プログラムです。こうした海外の学生さんを日本でお世話していただけるご家庭を探しているとのことでした。今回、ビッグボウの生徒さんのご家庭またはみなさまのお知り合いのご家庭で海外からの留学生のホストファミリーとして1年間お世話をしていただける方(実際に学生さんが一つのファミリーと過ごすのは3~6か月間のようです)を募集しているそうです。もし、ご興味をお持ちの方がございましたら、ビッグボウまでご連絡をいただきましたら、窓口をされている方のご紹介をさせていただきます。ご質問や詳細に関しましては、私はあまり存じ上げておりませんので、ご質問などは直接お尋ねいただけるように、先方さんにコンタクトさせていただきます。よろしくお願いいたします。

    続きを読む

  • Mr.いとう

    ケンブリッジ英検の答案はもうイギリスに向かっています。

    先週の日曜日にケンブリッジ英検/MYLEが終わりました。やはり一人ひとりのスピーキングテストがあるため、どうしても午前と午後になり生徒さんも一日2回もビッグボウに来なきゃならなかったから大変ですね。試験日当日は遅刻者も欠席者もなく、試験中も携帯電話も鳴らなくとてもスムーズに試験が終わりました。 きのう早速、梱包をして国際宅急便にてイギリスに送ったところです。 最近は送るものの検査が非常に厳しくなり、書類だと説明してもその場で箱を開封し中身の確認もありますので、結構、無事に日本から発送されるまで気を使います。また、1~2か月でテスト結果がイギリスから送られてきますので、楽しみに待っていてくださいね。🔷11月のお休み11月1日(火)~11/4(金)まではお休みとなります。 スクールカレンダーどおりのお休みですが、11/2(水)は予備日の消化としてお休みですので、コミュニケーションファイルのアテンダンスシートをご確認ください。パドレットにも記載してありますので、お間違えの無いようお願いします。 本日の写真:11/23(日)に行われたケンブリッジ英検の様子です。もちろんまだ試験は始まってなくスタンバイ状態の写真です。もう1枚はリスニングテストはデータとしてケンブリッジから送られてきますので、それをそのままPCで流すこともできますが、念のためこちらでCDにデータを落として、CDプレーヤーで再生します。最近はCDが本当に過去のものになりつつあることを実感しますね。CDが出始めた1980年ごろだったでしょうか、レコードに針を落とさずきれいな音で音楽が聴けることにすごく驚いたことを思い出します。  

    続きを読む

  • 画像Mr.いとう

    MYLEの受験票/試験時間の配布をします

    10月23日(日)はケンブリッジ英検/MYLEの試験日です。今週の月曜日から受験者に受験票の配布を開始していますので、お受け取りになりましたら必ず持ち物や時間などをご確認ください。Reading & Writing, Listening のテストは午前中に行われます。 Bronze テスト開始時間 10:10    Silver テスト開始時間 11:30     Gold テスト開始時間10:05 テスト開始5分前には着席しているようにしてください。 ケンブリッジの試験官とのスピーキングテストは各自それぞれ異なりますので、受験票の時間をご確認ください。 10月のお休み: 10/11(火)は平日ですが、ビッグボウカレンダーに記載してあるようにお休みとなっております。 本日の写真:長野県の蓼科湖のほとりにあるキャンプ場に8月のお盆休みに滞在したときに撮った写真です。 目の前には蓼科湖があり、ウッドチップで敷き詰められた平たんなキャンプ場はとても快適で、お気に入りのキャンプ場のひとつです。 

    続きを読む

  • Mr.いとう

    ケンブリッジ英検/MYLEと8月のお休み

    10月に行われるケンブリッジ英検/MYLEの受付を開始しました。受験日:10/23(日)場所:ビッグボウ イングリッシュ ラボ申込は受験料を添えてオフィスまでお申し込みください。 受験の日は午前中にreading writing listeningのテストがあり、午後は speakingテスト(1対1)が行われます。大変恐縮ですが、MYLE試験本部への精算が米ドルということもあり、受験料が今年より大幅に改定となりました。 8月のお休み8月11日(木)~8月17日(水)はビッグボウはお休みとなります。 本日の写真レスリー先生がイギリスのケンブリッジ大学に招待され、そこで世界中の英語の先生たちとそれぞれの国で行っている英語教育を討論したり、研究したりする英語教育学会に参加したのが2004年でした。その時に日本から一緒に参加していた先生のひとりが中村先生(現MELEP主宰)でした。 中村先生が今回 CLILレッスンに特化した英語の教え方のセミナーを8月21日にオンラインで行われます。そして今回ゲストティーチャーとしてすでに20年ちかく日本でCLILレッスンを教えているレスリー先生がスピーカーとして選ばれました。日本でも少しづつこうしたCLILレッスンが英語教育現場で浸透してきていますが、実際にどのように教室で教えて行けばよいのかを実践的な教え方も交え講演させて頂く予定です。  

    続きを読む

  • Mr.いとう

    新しい足です。

    レスリー先生が先週の木曜日に日赤病院を退院しました。足の状態ですが、まだかなりむくんでいて痛みもあるそうですが何よりも松葉杖生活が耐えられないようで、ようやくAmazonでこの義足のような器具を見つけて、早速購入しました。装着2日目ですが、少しづつ慣れてきているようで、杖なしで歩行ができ自立してホワイトボードに字を書くこともできるので、かなりお気に入りのようです。長時間着けているとけっこうキツイようで、まだビッグボウの中と家の中でしか使っていませんが、少しづつ上手に使いこなせるようになれば、きっと歩いて一人でコンビニにでも行けるようになるのではないでしょうか。ケガとは別の話になりますが、レスリー先生が英語教育に関する本を多く出版していることをご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、実は先日、アメリカのエージェントからある連絡がきました。それは、著作の中の一冊で、英語の先生対象に英語の教え方を伝授するいわゆるハウツー本ですが、この本をロシアから依頼があり、ロシアでも出版したいとのことでした。そのエージェントのボスは「時期が時期だけに、出版に関する承諾はあなたに決めて欲しい。私はどちらに転んでもあなたの意見を尊重する」と。いろいろな角度からこの件を慎重に考えた上で、最終的にエージェントにはロシアでの販売はしたくないと伝えたそうです。 せっかくのビジネスチャンスが到来かと思いきや、決断に至ってはやはり複雑な心境のようでした。コロナや戦争で私たちの知らないところで、今までとは異なった予測不能の事態が起こっています。いったい今後の世界情勢はどのように動いていくのでしょう。ノーマルな生活が戻ってくることを願っています。  

    続きを読む

  • Mr.いとう

    Lesley先生が骨折、緊急入院しました。

    土曜日にキャンプ場で足場の悪いところで滑ってしまい、転んでひとりでは立ち上がれなく、まったく歩けない状態でした。翌日、名古屋に戻り近所の外科医に診てもらいましたら、脚の骨の細い方がしっかりななめに折れていました。 本日、中村日赤に入院し、明日の手術に備えています。パソコンを持ち込んで、とにかく本日のレッスンから木曜日のレッスンまでのレッスンプランを書き上げて、マイケル先生にメールをし、明日の手術前にできることをすべて終え、不安な一日を過ごしています。レッスンに関しましては、ご心配をお掛けしておりますが通常どおりで、クラスはマイケル先生一人で行います。おそらく金曜日からカムバックできるかと思いますがその後の経過しだいですので、予定に変更などがありましたらご連絡させていただきます。このご連絡を差し上げる前に既にレスリー先生の骨折のことを知り、ご心配のお電話やお優しいお言葉を保護者の皆様にかけていただき、本当にありがとうございました。日本に来てから出産以外では初めての入院となり不安ばかりですが、すべてポジティブに受け止めて、眺望の良い素敵な部屋で優しい先生や看護師さんにお世話になり2泊3日しっかり治療に専念させて頂きます。

    続きを読む

お問い合わせ