BIG BOWの強力サポート体制

052-837-7701

お問い合わせ

BIG BOWの強力サポート体制

様々な課題解決別強化を目的としたサポートをしております。

  1. ”Portfolio”でその日のレッスン内容の報告と確認

    レッスンが終わると、その日に学習したテキストのページと学習課題が記載してあるホームスタディフォローアップが渡されます。そして”At Home”の欄には次回までの宿題も項目ごとに記載されていますので、それに従ってホームワークをこなしていただければ、バランスのとれた英語学習がご家庭でも可能です。ご家族の転勤で海外のインターナショナルスクールに編入する場合にもお子様の学習履歴の資料にもなります。

  2. ”Spelling Mission”で月一回の単語テスト

    エレメンタリークラス対象に簡単な基本語から大学入試にも出るようなレベルの単語まで、習熟レベルに合わせて細かく設定されています。月の最終レッスン日にはスペリングテストが行われます。選択単語は実生活で使用頻度の少ないものより頻繁に使う単語を確実なものにと考えています。単語テストまでのフォローアップとしてレッスン時にはスペリング練習の進み具合をひとりひとり確認します。

  3. ”Reading Mission”で音読強化

    英語の本が読める段階になると音読が始まります。オッスフォード出版のビギナー用のORTから始まりますのでとても簡単に始められます。ご家庭ではCDを聴きながら自分で文字を追い音読練習をします。次のレッスンの時には先生の前でそのページの音読確認をします。きちんとできていれば次の段階に、練習不足の場合はもう一度トライすることになっています。

  4. “Book Report”で多読力向上

    本を読むことで、目から認識する語彙や英語の表現のみならず、読むスタミナと読む楽しさの両方を養うことを目的としています。 ビッグボウには数百冊におよぶ厳選された蔵書があり、自分で、または先生と一緒に選んだ本を読み、その読書感想文を書きます。初めはシンプルな「ひとこと感想」から始まり、だんだんと書くボリュームを増やしていきます。蔵書はミステリー、伝記、歴史、映画、ユーモアなど興味の持てる本やチャプターブックがバラエティー豊に揃っています。ブックリポートは先生が確認、訂正終了後に文章のリライトをすることで正しい文章の確認をし、文の書き方を覚えていきます。

  5. “Journal“で自分の思いを書いて伝える

    ミドルスクール以上は週一回の日記提出を課題としています。自分の日々のことを自由に書いてEメールで提出します。自分の思いを相手に伝えることが目的ですので、ジャーナルは文法や表現方法、スペルなどのチェックなどはあえて行いません。先生はひとりひとり書いてくれたジャーナルを読んで、返事も必ず書きます。

  6. オープンハウスと面談

    オープンハウスとは年に2回の授業参観です。普段のレッスンを保護者の方々に参観していただけます。

    面談は基本年に1回、毎年1月に予定しています。それ以外の時にご相談や面談を必要とされる場合は先生との時間調整の上、面談をしていただくことが可能です。

お問い合わせ

PAGE TOP