Mr.いとうのブログ

052-837-7701

お問い合わせ

ブログ

  • Mr.いとう

    レスリー先生”2020ティーチングツアー”決定

    ナショナルジオグラフィックの2020ティーチングツアーが始まります。日程はすでに決まっていましたが、本日、ナショナルジオグラフィックからチラシがビッグボウに届きました。今回は名古屋を皮切りに大阪、福岡、仙台、東京と5大都市で児童英語教授法の実践的なワークショップを行います。参加対象は小学校の先生、英語教室の経営者および講師の先生、教育委員会の関係者の皆さんです。多くの英語教育関係者の方のご参加をお待ちいたしております。レスリー先生のわかりやすくて、楽しくて、パワフルなプレゼンを楽しみにしてくださいね。 

    続きを読む

  • 画像Mr.いとう

    レスリー先生の新しい本5冊が出版!

    先月、出版されたばかりのレスリー先生が書き下ろした新しいショートリーダー5冊です。英語の本を読むのに抵抗がある人や、長編は苦手といった人が読むのにとても読みやすい本になっています。また内容もレスリー先生が考えた若い人たちが読んで納得できるライフスキル的な興味深い単元ばかりです。今のところ一番の人気は"10 WAYS TO Be Sucessful in Love" だそうです。わかる気がしますね。日本の大学生、高校生を対象にした内容となっています。 とにかく飽きずに、完読できるスタイルとなっていますので、このあたりから英語の本を読む癖をつけて行っていただければと思っています。本は興味の無い内容なら、日本語だろうが、英語だろうが、読みたくないのは当然ですから。

    続きを読む

  • Mr.いとう

    10月のお休み日程と10/22は「レッスンあります」という連絡

    9月の最終週に行われたオープンハウス(授業参観)も終わりました。毎年、9月も終わりになれば30度を超える日はほとんどないような気がしましたが、未だに30度以上の日もあり、早くドライな気持ちいい季節になって欲しいですね。さて、10月のお休みの案内となります。10/11(金)はレスリー先生が講演と研究発表のため、韓国のソウルで行われるKOTESOL「韓国英語教育学会」に出席するためにお休みとなります。このお休みは一年に一度予備日がとってありますので、今回は予備日の消化として、振替レッスンはありません。 10/29(火)~11/1(金)は名古屋で行われるJALT「日本語学教育学会」が開かれます。この学会ではナショナルジオグラフィックの英語テキストやこのワークブックの著者でもあるレスリー先生が講演を行いますので、この期間はビッグボウはお休みとなります。こちらのお休みはスクールカレンダーのお休みとして年間スケジュールに記載されていますので、一度ご確認ください。10/27(日)にビッグボウで行われるケンブリッジ英検/MYLE英語検定の受験票はすでにお渡し済みです。必ず時間の確認してください。 試験開始の5分前には着席しているようにお願いいたします。   

    続きを読む

  • Mr.いとう

    スペリングミッションも準備万端。

    ビッグボウのミッションのひとつスペリングミッションがあります。毎月、単語のテストがあり、そのスコアーでポイントがもらえます。そのポイント数で年度最後のレッスン日に先生からプレゼントがもらえるので、みんな頑張ってくれます。 ただスコアだけでは楽しくないので、毎年お題があり、今年のお題は「世界の芸術」ということで、芸術家とその作品そしてその国を書くことも併せてミッションとなっています。8人の芸術家の好きな作品を選んで描いてきてくれています。自分たちで考えて、調べて、選んで、その絵を描くなどクリエイティブなことをさせてあげることは児童教育的にも重要ですし、楽しみながら親子で話題を共有できる教育だと思います。どんな作品を選んできてくれるのか、私たちもいつも楽しみにしています。1枚だけ自転車の写真がありますが、最近ブロンプトンというミニベロを買って、日曜日になると天気が良ければ、いろいろなところを走っています。 街中を走っていると、車からでは見られない角度でいろんな風景が楽しめます。当然、車では絶対に立ち寄らないような場所でも自転車は行けます。未だ残された昭和の風情が残る街並みや、昔ながらの定食屋さんを発見すると、お店に入ったりして楽しんでいます。写真は先週の土曜日に近鉄の烏森駅近くの線路にかかる古い橋から名古屋駅方面をバックに撮った写真です。  

    続きを読む

  • Mr.いとう

    自宅で新しい先生の面接中。

    今年の10月20日で一年の契約が終了するAusten先生に代わる新しい先生を自宅にてスカイプで面接中。昨年同様にアソシエイトティーチャーとしての就職希望者は世界中から受け付けています。 本当にいろいろな国の方から問い合わせが有り、昨日もカメルーンからも履歴書が届いていました。募集をかけて一週間で約50件ほどの問い合わせ。その中から書類選考で8割がビッグボウの探している人材に合わず、その中の2割の応募者の中からスカイプにてひとり30分ほどの面接を毎日行っています。これが時差もまちまちで、今朝の9時にオーストラリアの人と面接、正午からアメリカの人と面接と、なかなか面接時間のやりくりも大変です。まずは英語の文章力。 たとえ大卒のアメリカ人であっても誤字や脱字なくきれいに文章が書けない人はダメですね。 学歴は大学卒は最低限で、英語を第2ケ国語として教えるTEFLのコースを終了しているかどうか、ボランティア活動は何をしてきているのか。あとは英語を教えることを経験しているかどうか、英語を話すスピード、クリアな発音などなどと、いろいろなことを考慮しなければなりません。「仕事を家へ持ち込まない」という持論は、インターネットの普及とともに死語になってしまった感がありますね。    

    続きを読む

  • Mr.いとう

    歴史、食、芸術を堪能してきました。

      一週間でフランスの行きたかった場所を巡ってきました。 まずは、パリ郊外にあるコルビュジェ設計のサヴォア邸。東京の西洋美術館に今年の5月に観に行ったコルビュジェ展での展示で模型を見ましたが、この目で本物を見られ、中に入ることもでき、当時としては素晴らしく、そして90年前とは思えない斬新での色褪せない建築物に会えて感動しました。 パリの骨董市。 とくに掘り出しものはないものの、その雰囲気をどうしても味わいたく行ってきました。 アンティークのチーズ用のナイフや古い写真などを購入しました。生活雑貨の骨董なので気軽に楽しめます。 あとは、ディジョンマスタードで有名なブルゴーニュ地方のワイン巡りです。 ここではしっかり勉強したかったこともあり、プロの案内人に説明をしてもらいながら、醸造所や、畑を見せてもらいますした。 観光できてもきっと見つからないロマネコンティの畑までも連れていってもらい。本当に中身の濃いフランスを体験してきました。 歴史的な街並みが好きな人には、ディジョンがおすすめです。 量り売りのディジョンマスタードもおいしかったです。  

    続きを読む

  • Mr.いとう

    7月のお休みとケンブリッジ英検のお知らせ

    只今、梅雨の真っ最中といった感じで、毎日がすっきりしない日ばかりです。 早く梅雨明けになって欲しい反面、また体温を超えるような気温が続く夏はあまり来て欲しくはないものですね。 さて、7月のお休みのお知らせです。 7月11日(木)~18日(木)の一週間はお休みとなります。 HP上のトップページの一番下のレッスンカレンダーをクリックしていただくと、年間スケジュールが見られます。   ケンブリッジ英検/MYLEの申し込み受付を開始いたしました。 昨今のCEFRランクを導入している大学も多くなってきています。CEFRに準じた権威あるケンブリッジ英検とミシガンテストが共同で始めた世界標準の英語検定MYLEです。 ゴールド、シルバー、ブロンズの3つあります。 テスト実施日は10月27日(日)、締め切りは9月6日です。  

    続きを読む

  • Mr.いとう

    スヌーピー展に行ってきました。

    あまりの人気ぶりにビックリでした。 ビッグボウでmuseum excursionを初めてから10年以上いろいろなアート展覧会に生徒さんたちと一緒に行きましたが、今回が一番混んでいたのではないでしょうか。 「スヌーピーって日本でこんなに人気があったんだ」と入場制限がかかる中、60分の長い行列での待ち時間でそんなことを考えていました。 実際にアートではないので、先生たちも今回のワークシートを作るのがとても大変だったようでした。 5歳から12歳までの生徒さん30名ほどが今回参加してくれました。楽しそうにワークシートをやっている子や、お母さんと一緒になって取り組んでいる子、先生にいっぱい質問をしながら頑張ってひとりで参加している子とそれぞれ頑張ってワークシートを完成してくれました。 今回は日程の都合で参加できなかった生徒さんも居たようですが、是非、スヌーピー展に親子で行かれてはいかがでしょうか。 ただし、とても混んでいますので、時間帯を夕方とか、平日とかがよろしいかと思われます。  

    続きを読む

  • Mr.いとう

    カタカナが日本人の英語をダメにする!

    最近、車に乗るとiPhoneをUSBでつなげてCarPlayでナツメロを聴きます。ほとんどが70年代のアメリカのロックですね。 先日も仕事が終わって帰宅途中、70年代後半、アメリカで当時ラジオから良く流れていたスーパートランプというグループの曲を聴いていた時のことです。 「あっ、スーパートランプ 懐かしなぁ~」と昔ロサンゼルスのカルヴァーシティに住んでいた頃、良く聴いていたなと一人で当時の思い出に浸っていました。 すると助手席のレスリーが "That's the wrong pronunciation!"「その発音違うよ」 その後すぐに, "They are Supertramp." 「彼らはスーパートランプ」 私は、「えっ」 あ~。 そうだ~。 このグループのトランプのスペルは t-r-a-m-p だった。 自分が発音したのは "a"ではなくて、アメリカ大統領と同じトランプ、つまり"u"で発音しちゃった。 モニターから入ってくるカタカナをみて、そのまま発音をしてしまったのです。当然、これが英語で表記されていれば間違えなかったのですが、、、。 発音でレスリーからダメ出しされ、それで私の後にリピートしてと言われ、車で発音のミニレッスンを受ける羽目になりました。(笑) 英語のaとu  カタカナで書けば 「ア」。 英語のlとrこちらもカタカナだと 「ラ・リ・ル・レ・ロ」とカタカナだと違いは無し。 喫茶店のメニューでこんな間違いを見たことがあります。 フレッシュジュース Flesh juice ん~。 外国人がこれを見たら、どんなジュースなのってビックリですね。 まったく違う意味のジュースになってしまいます。 カタカナってやっぱり英語を勉強する上で、妨げ以外の何ものでもないし、外国語はカタカナで表すという習慣が蔓延している以上、絶対に日本人の英語の発音は正しいものにはならないと思います。          

    続きを読む

  • Mr.いとう

    JETテストが本日無事終了しました。

    6/9(日)本日、無事JETテストが終了しました。 秋に行われるケンブリッジ英検と合わせてビッグボウではこうした英語検定を年に2回行っています。 JETテストの場合はリーディングにリスニングがメインとなっているため、それぞれのテストの拘束時間は長くないのですが、やはり年齢の低い生徒さんにとっては集中して聞きながらマークシートを埋めていくのはたいへんなようです。 それでも、終わったあとに「けっこうできたよ」とかが聞けると、ちょっと安心します。 少しづつこうしたハードルをクリアしていって英語学習意欲につながっていけばと思っています。 先日、結婚記念日ということもあり、熱海に1泊旅行をしました。 海に面した静かなホテルで温泉に入り、非日常を楽しまさせていただき、リラックスできた旅行でした。 国内外いろいろなホテルに泊まっていますが、今回、宿泊したHIRAMATSUリゾートホテルは料理とホスピタリティ、ともに本当に素晴らしかったです。 食事が終わるころに、わざわざ三浦シェフがご挨拶に来ていただき、心も体も胃袋も最高に癒されました。また、何かの記念日にでも伺いたいと思いました。            

    続きを読む

お問い合わせ

PAGE TOP