今年度最後のスペリングテストがありました。

052-837-7701

お問い合わせ

ブログ

名古屋市昭和区の英会話スクールBigBowEnglishLab > ブログ > 今年度最後のスペリングテストがありました。

今年度最後のスペリングテストがありました。

Mr.いとう

SONY DSC

 

3月30日、今年度最後のスペリングテストがありました。

毎月、その月の一番最後のレッスン日に20問のスペリングテストがあります。

教室に早く着くなり、何も言われずに、もくもくとホワイトボードに単語を書いて練習をしている生徒さんを見つけました。

ちょっと写真を撮らせてもらいましたが、このくらいの年令になると、なかなかカメラに向かって写るのが恥ずかしいようですね。

英単語って、その時に満点でも、すぐに忘れてしまいます。 それでいいんです。 忘れたら覚えて、また、忘れる。 そしたら、また覚えるといった繰り返し。

そうすることで、だんだんと脳に定着するからです。 自分のジャーナルとか、ブックリポートとかが、自分の言葉で英語の文章を書くのに必要な単語の語数を増やし、そのスペリングができるようにしてほしいと思っています。

PCを使ってリポートやメールを打てば、スペルチェックがありますので、スペルがあやふやでもなんとなく行けそうですが、普通の英語の文章を書く上で、やはり最低限の語彙数は必要です。 目指すのはバランスがとれた英語力です。

 

 

伊藤弘之

伊藤弘之(いとう ひろゆき)

1959年名古屋市生まれ。10代の頃に行ったアメリカで人種や文化、考え方の違いに強い衝撃を受ける。高校卒業と同時にアメリカのケンタッキー州に留学。当時、メディア関係を専攻するが、別の方面に興味を持ち、ロスアンゼルスに移りビジネスマネジメントを履修。
帰国後、GMの通訳をし、同時期に自ら英会話教室を立ち上げる。現在はビッグボウイングリッシュラボおよびLIXON エデュケーションを運営する有限会社クエストの代表取締役を務める。

お問い合わせ

PAGE TOP