息子が助っ人として来てくれました。

052-837-7701

お問い合わせ

ブログ

名古屋市昭和区の英会話スクールBigBowEnglishLab > ブログ > 息子が助っ人として来てくれました。

息子が助っ人として来てくれました。

Mr.いとう

年度末ということもあり、東京で大学生をしている息子のジョナが手伝いに来てくれました。

注文をしていたテキストが数百冊あり、それらが本日すべてビッグボウに到着。それらの荷ほどき、検品してクラス別に仕分けしたり、またクラスではティーチャーアシスタントとしてアソシエイトティーチャーの不在をカバーしてくれたりと猫の手も借りたいこの時期には大助かりです。

東京で今起こっている状況を考えると実家の名古屋に戻ってきた方が、親としても安心ですね。 あとは、家庭教師や塾のバイトが軒並み無くなってしまい、ビッグボウでのアルバイトに精を出しているのでしょうか。それとも、3食作ってもらい、後片付けもしなくても大丈夫ならば、一人生活をしている学生にはこの上ない環境なのかもしれません。

とにかくコロナ感染では日々日々、状況が変化しています。また欧米諸国では想像以上に大変なことになっています。本当に早く終息することを願うことしかできないのですが、おそらく2~3か月が本当の意味での山なのではないかと、私個人の意見ですが、そんな気がします。

 

伊藤弘之

伊藤弘之(いとう ひろゆき)

1959年名古屋市生まれ。10代の頃に行ったアメリカで人種や文化、考え方の違いに強い衝撃を受ける。高校卒業と同時にアメリカのケンタッキー州に留学。当時、メディア関係を専攻するが、別の方面に興味を持ち、ロスアンゼルスに移りビジネスマネジメントを履修。
帰国後、GMの通訳をし、同時期に自ら英会話教室を立ち上げる。現在はビッグボウイングリッシュラボおよびLIXON エデュケーションを運営する有限会社クエストの代表取締役を務める。

お問い合わせ

PAGE TOP