帰国子女のための英語保持プログラム、バイリンガル育成のBig Bow English Labo

帰国子女の英語保持プログラム、バイリンガル育成のビッグボウとは?

2013年ナショナルジオグラフィックから世界に向けて出版された"OUR WORLD"ワークブックの著者であり、現在も英語教育に関する執筆で活躍するレスリー先生と通訳としてアメリカのGM社など商談通訳を多く経験してきたmr.itoが「こどもたちに世界水準の英語教育を」という目的で始めたプライベートインスティテュートです。

帰国子女の英語保持、バイリンガル育成、英会話力保持
帰国子女の英語保持ならビッグボウ|お知らせエリア

お知らせ

★今後のイベント情報

9月24日から9月30日はオープンハウスとなります。

10月25日(土)はハロウィーンパーティーとなります。

11月2日(日)ケンブリッジ英検(CaMLA)

11月16日(日)ミュージアムエクスカージョン ボストン美術館にて

 

★2014年11月「つくば国際会議場」にて今年で40周年を迎えるJALT(全国語学教育学会)の国際英語教育イベントで、レスリー先生が日頃からビッグボウでも行っている段階式リーディングを用いた、英語力の向上に関する研究発表を行います。 この度は、栄誉あるフィーチャースピーカーに選ばれました。

JALT Featured Speakers

★ケンブリッジ英検(CaMLA)受験希望者受付開始

試験日は、11月2日(日)です。 申込締め切り日は、9月5日(金)となります。

なお、ミドルスクール進級予定の生徒さんは、ケンブリッジ英検のゴールドでメダル10個以上が進級条件となります。

 

★ご入会ご検討中の方へ

平日の午後3時30分でクラスプレゼンテーション、レベルチェックの予約を承ります。

ご希望の方は「お問い合わせフォーム」にご記入をして戴き、ご送信ください。 2日以内にご連絡差し上げます。

 

MPIの松香先生の著書「WE CAN!」は韓国でも好評のようです。

講師用指導書全シリーズをレスリー先生が書きました。

(3/29/2012 韓国ソウルの"Kyobo Books"にて)

 

写真右はAmazonから現在発売中のレスリー先生が書いた英語指導教本です。

世界で英語を教える先生たちにアクセスができるように"e-book"としてキンドル向けに

販売されています。 この本は米国デラウェア大学で対象学生の課題本として勧められています。

http://www.amazon.co.jp/Fifty-Teach-Young-Learners-ebook/dp/B00BK9V4KK

 

 

2011年に行ったクロスカリキュラーを用いた指導法にて、2012年"Best Of JALT(日本英語講師の会のベストティーチャー)"の称号を戴きました。 

 
 

 

★2014年より、名古屋で初めてのケンブリッジ児童英検アメリカ英語版の受験会場として受験受付、申込を2014年7月に開始いたします。

 

英語検定試験で定評のあるイギリスのケンブリッジ英検がアメリカのミシガン大学と提携し”CaMLA"として世界標準英語テスト機構が発足されました。 今回はそのアメリカ英語の児童向けテストとして日本でも受験可能となりますので、ご期待ください。

Young Learners Test of English

 

試験日:2014年11月2日 

試験会場: ビッグボウ イングリッシュ ラボ

 

 

 

お知らせ

≪ご入会までの流れ≫

1.ホームページの「お問い合わせフォーム」よりご連絡をお願いいたします。

2.先生による、レベルチェックまたは、クラスプレゼンテーションを必ず受けてください。

3.レベルにあったクラスがある場合は、そのクラスのご提案をさせていただきます。

4.既存のクラスがある場合は、体験レッスン(有料\3.500+税)を受講していただきます。

5.クラスにご満足いただければ、ご入会手続きをしていただくことができます。

   *ご検討中のお席のお取り置きなどは致しておりませんので、その旨ご了承願います。

お知らせ

 

★スーパーハイスクール(中学3年から高校2年のハイレベル対象)を4月より開講いたしました。

 

***英語エッセイ、プレゼンテーションも入会時にテストとして行わせていただきます。***

 

お知らせ

お知らせ

 

 

お知らせ

バイリンガル育成、英語保持、英会話